高校生もうつ病チェックをしよう!自己チェックからの利用がおすすめ

サイトメニュー

学校に疲れたら

看護師

高校生活で心に耐えられないつらさを感じているのなら、いろいろな支障がでるまえに、ドクターにうつ病チェックをしてもらいましょう。工夫をすれば、家族にばれずに通えるため、とりあえずでも診察を受けることをおすすめします。

詳しく見る

時代の変化も影響

看護師

うつ病は高校生にとっても身近な精神的病であり、かかってしまうことは珍しくはありません。少しでもおかしいと感じた時には、うつ病チェックをして自分の状態を的確に把握しておくようにし、医師に相談するべきです。

詳しく見る

うつ病の時はすぐに診察

チェック

うつ病チェックを受けることを考えている高校生は、出来るだけ良い心療内科クリニックを利用したほうが良いので、事前に情報を集めておくことが重要となります。通院の際には、事前に症状等を整理しておくとスムーズに診察が進みます。

詳しく見る

適応障害という病気

男性

高校生の中で不登校になっている人の中には、適応障害といううつ病の一種にかかっている可能性があるためうつ病チェックで診断されることがあります。適応障害は、症状が不定期のため仮病と誤解されやすいことがあります。

詳しく見る

早めの治療で完治を目指す

カウンセリング

増える高校生のうつ病には、うつ病チェックが効果的です。声に出して訴えられない学生もいますし、周囲の声かけが救いの手になる場合もあります。メンタルクリニックとの連携も、重要な鍵と言えるのではないでしょうか。

詳しく見る

心を楽にするために

医者

治療が最優先

うつ病は精神系の病気では、とてもメジャーなものなので、高校生でもなってしまう可能性はあります。そのため、若い年齢だから『うつ病になるはずはない』とは考えずに、長期の落ち込みがある場合は病気を疑いましょう。なお、心の病気というと、実態のないものが不具合を起こしているように感じますが、実際は頭蓋骨に収まっている脳のトラブルです。そのため、脳の不具合を調整するための治療を受ければ、心の病気を治すことができます。ただし、脳梗塞や脳腫瘍などとは異なるため、精神科や心療内科で診断してもらう必要があります。ちなみに、うつ病チェックはドクターにやってもらう方法と、自分で行う方法があります。もちろん、ドクターのうつ病チェックを受けるのが確実なのですが、高校生がクリニックを気軽に訪れるのは難しいでしょうから、自己チェックからの利用をおすすめします。医療系のサイトをいくつか見て回って、そこにあるチェックを利用して、病気の見込みが高いならドクターの本格的な診察を受けましょう。メンタル系のクリニックは、即診察してもらえるのではなく、予約が必須となっている医療機関がほとんどです。そのため、事前の連絡が必須となるので、スマホなどで電話番号を調べて、連絡をして診察日を決めましょう。高校生ならば、学校を休んで訪れるのもよいですし、放課後を利用するのもよいです。クリニックによっては、予約が取りにくい状況もあるため、つらくて早めに診てほしいのなら、さまざまなところに予約の問い合わせをしてみましょう。なお、自己うつ病チェックで気をつけなければいけないのは、うつ病以外の病気が隠れているのが分からないことです。もしかすると、うつ病と同じような症状でも、まったく異なった病気のケースもあるからです。そのため、うつ病チェックで問題なかったとして、我慢できないつらさがあるのなら、高校生でもすぐに精神系のクリニックのドクターに頼りましょう。ドクターならば、うつ病ではない病気だった場合、そちらもきちんと見抜いてくれて、楽になるための治療を行ってくれます。

Copyright© 2019 高校生もうつ病チェックをしよう!自己チェックからの利用がおすすめ All Rights Reserved.