高校生もうつ病チェックをしよう!自己チェックからの利用がおすすめ

サイトメニュー

早めの治療で完治を目指す

カウンセリング

周囲の見守りが大切

日々にストレスを感じているのは、決して大人たちだけではありません。近年、高校生のうつ病患者が増えています。受験や恋愛、更には周囲との人間関係に悩む高校生が増えています。うつ病チェックを定期的に行うことで、重症化する前に治療を開始することが出来ます。まずは欠かせないのが、初期症状の把握だと言われています。それまでは起きられていたのに、急に朝起きられなくなることがあります。何をするにも面倒になり、自殺願望に駈られるケースもあります。中でも不眠は代表的な症状ですし、寝られないことで精神状態が不安定になってしまいます。校内でうつ病チェックを行うのはもちろんですが、親御さんがサポートをすることが大切です。メンタルクリニックを早期に受診することで、大部分の方が回復に向かうと言われています。カウンセリングや投薬が治療の柱になりますが、長期的なケアを行うことが重要ではないでしょうか。無論、治療をしながら学校に通うことも出来ます。心が落ち着きを取り戻すことで、公私に良い影響がもたらされます。高校生のうつ病チェックで重要な鍵を握るのが、保健室だと言われています。養護教諭が早めにSOSに気付いてあげることが出来ると、メンタルクリニックと連携して治療に臨むことが出来ます。叱咤激励をすることも大切ですが、一番大切なのは話に耳を傾けてあげることです。否定や肯定はその次の話で、心の声に耳を澄ますことが大切ではないでしょうか。強制や叱責は禁物ですし、ゆっくりでも自分で行動に移せる環境作りが重要だと言えます。うつ病チェックに当てはまる項目が少ないとケースであっても、軽度のうつが隠れている場合もあります。高校生は将来の進路が決まる大切な時期ですし、周囲のサポートを受けることで徐々に回復に向かえるのではないでしょうか。校内にカウンセラーが常駐している高校もありますし、家庭と学校の密な連携が鍵を握っています。半年〜一年の治療や通院をすることで、うつ病は改善もしくは完治すると言われています。慌てず、焦らず、諦めない心がうつ病には最も良いと言われています。

Copyright© 2019 高校生もうつ病チェックをしよう!自己チェックからの利用がおすすめ All Rights Reserved.