高校生もうつ病チェックをしよう!自己チェックからの利用がおすすめ

サイトメニュー

適応障害という病気

男性

仮病と誤解されやすい

うつ病は、大人だけがなる病気ではありません。思春期となる高校生でも発症する人が増えています。高校生の場合、不登校になっている人の中でうつ病と診断される人が意外と多くいます。不登校になっている人では、特に適応障害という別名新型うつ病と呼ばれる病気にかかっていることがあります。適応障害とは、普段は元気に過ごすことができるのに、いざ学校や職場などストレスを感じるところへ行かなければいけなくなった場合にうつの症状が現れる病気です。不登校の高校生の場合は、学校に行かなければいけない時間となれば腹痛や頭痛など、身体的な症状が出てくる人もいれば、体が重たく感じていく気力がわかないという精神的な症状が出てくる人もいます。もし不登校になっている高校生の場合は、うつ病チェックをしてみると、病気の影響によって学校に行けなくなっていることがあります。うつ病チェックはどこで行うことができるのかといいますと、病院ですることができます。費用も初診の場合は3000円から5000円ほどかかりますが、通院となれば2000円から3000円ほどになるといわれています。適応障害とうつ病はどのように違うのかといいますと、うつ病は発症すれば常に落ち込みや不安などのような緊張感が走り、元気がなくなる状態が続きます。しかし適応障害は、普段は何事もなかったかのように元気で過ごすことができる場合があります。そのため高校を休みたいばかりに、仮病を使っているのではないかと誤解されることもあります。しかし適応障害は病気で、症状が出た時の症状は本当につらい状態となっており、高校生で発症する人は多くいます。たとえそのような病気があると分かっていても、まさか家族の誰かが発症しているとは考えず、普段は元気で過ごすことができるのであれば学校に連れていくことができると感じる人もたくさんいます。そうすることで症状が悪化し、病状が進行してしまうこともあるため注意が必要です。それでも病院へ行くほどでもないと感じる人もいます。高校生でもうつ病は発症します。うつ病チェックは、実はインターネットでも行うことが可能となるサイトがあります。アクセスするとうつ病チェックシートが現れ、当てはまるところにチェックを入れて診断させます。簡単なチェックを行うことができるので、病院に行くことに躊躇する場合はネットでチェックしてみると良いかもしれません。

Copyright© 2019 高校生もうつ病チェックをしよう!自己チェックからの利用がおすすめ All Rights Reserved.